次例会の紹介

※5月例会から鳴門市民劇場の会場が「藍住町総合文化ホール」になります※

徳島市民劇場5月例会

劇団民藝『泰山木の木の下で』

2021年5月18日(火) 18時30分開演

あわぎんホール
徳島市民劇場5月例会


5月19日(水)18時30分開演

5月20日(木)13時30分開演

藍住町総合文化ホール(鳴門市民劇場5月例会)

あらすじ

 小さな汽船が行き来する瀬戸内海の小さな島。白い大きな花をつける泰山木。その木の下で質素に暮らすハナ婆さんは、貧しいながらも9人の子どもを産み、戦争中に優良多子家庭として表彰されました。しかし3人の子は戦死、のこる6人の子までも、広島の原爆で亡くしていました。思えば、殺されるために産んだようなものだ――。悲しい体験をもつハナは戦後、人助けのつもりで、頼まれると密かに子どもをおろしてやっていたのです。
 早春のある日、ひとりの男が泰山木のその家を訪れます。堕胎の罪でハナ婆さんを逮捕しにやって来た木下刑事です。御幸署へ連行する船中でハナ婆さんの話を聞く木下刑事も、また誰にも言えない苦悩を抱えていたのでした……。